食生活、運動、睡眠改善で生理不順解消

生理不順と睡眠障害は密接な関係があります。
いずれも共通点として、自律神経のバランスが乱れている時に起こりやすいことがあげられます。
よって、いずれかの症状を改善するということは、他の一方の症状の改善にも繋がる場合も多いのです。
具体的な改善方法として最近注目されているのが、低用量ピルなどの避妊薬を服用する方法です。医師の指示に従って用量を守って使用すれば、生理不順が改善するほか、ホルモンが整うことで自律神経にも作用し、睡眠の環境を整えることにも繋がります。
また、定期的に運動することも体内時計のサイクルや生理不順などの不調から脱げ出す方法としては、大変に有効な手段です。
特に睡眠改善に関しては、軽い運動というよりは少し疲れる程度くらいまで、運動強度を上げていったほうが効果が良く現れ、また特に寝つきに関して良い作用があるとされています。
また、ジョギングや競歩、早めに歩くウォーキング、エアロビクスダンスなどリズム感のある運動は、自律神経を調整し、セロトニンを多く出す効果もあります。
これはその結果として、自律神経と多く関係のあるホルモン分泌系統の器官を健やかに保つ働きがあるので、生理不順解消には大いにプラスとなります。
併せて食生活も徐々に改善できれば、生理不順解消にも睡眠改善にも一層よい影響をもたらすことが出来ます。
寝つきをよくする食材としては牛乳やバナナなどトリプトファンを含むものや、ヨーグルトをはじめとするカルシウムを含むものがあげられます。
また、生理不順解消に必要な自律神経を整える食材としては、豚肉やサバなどビタミンBを多く含むものや、抗ストレスに役立つビタミンCを含む野菜、果物などです。カルシウムも自律神経のバランスを整えるには必要不可欠とされています。
避妊薬と併せて実践すれば、一層症状の改善を見込めるといえます。

▽低用量ピルの中でも有名な避妊薬
トリキュラー 通販