生理不順で低用量ピルを服用する際の注意点

生理不順の治療では、基本的に薬物治療が中心となります。他の病気が原因で生理不順を引き起こしている場合には、大元の病気を治療することになります。
薬で月経を起こすために低用量ピルを処方されることがあります。低用量ピルは、女性ホルモン2種類が含まれている合成のホルモン剤です。低用量ピルには生理不順を改善するだけでなく、避妊効果や生理が軽くなるメリットがあります。これまでのピルよりもホルモン量が半分以下にまで軽減されていますが、副作用がでることもあるため、使用する際には注意点があります。
注意点としては、1日1錠を毎日なるべく同じ時間に飲む必要があります。21日タイプと28日タイプがあります。21日タイプにホルモンの入っていない偽薬を7日服用するものが28日タイプです。28日タイプは、休薬を終えたあとの薬の飲み忘れを防ぐために作られたものです。通常、どちらも生理が開始した日から服用を開始します。低用量ピルでもふくらはぎの痛みやむくみ、手足のしびれ、激しい頭痛、めまい、失神、突然の息切れなどの症状があらわれた場合は、血栓症や心筋梗塞、脳卒中などの前駆症状ともいえる症状のため、これらの症状があらわれた場合は、薬の服用を中止し、直ちに医師に相談する必要があります。
副作用として、不正出血や悪心、嘔吐などが現れることがあります。また、子宮体がんや子宮筋腫、乳がんなどに罹患もしくはその疑いがある人は、服用することができないとされています。
その他の注意点として、何も変化がなくても半年に1回は必ず検診を受けるようにします。検診では、血液検査や尿検査、血圧測定、体重測定、乳房検診、婦人科的検診などを受けることになります。